WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

先日、「Booking Package – 予約システム」という WordPress のプラグインを触る機会があったのですが、なかなか使い勝手が良かったので備忘録として残しておきます。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!
https://ja.wordpress.org/plugins/booking-package/

インストール方法

WordPress のダッシュボードにて、「プラグイン」>「新規追加」をクリック、検索窓に「Booking Package SAASPROJECT」と入力して「いますぐインストール」をクリック・有効化します。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

設定方法

WordPress のダッシュボード内、「Booking Package」>「一般設定」をクリックします。
以下、設定が必要なもののみ抜粋。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

一般設定

「設定」タブにて、

サイト名 自身のサイト名を設定
Japan
通過 JPY – 日本円
新しい予約を自動承認する 承認後、予約確定とするならチェックを外す

カレンダー設定

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

サロンなどは「First Calendar」、宿泊施設は「First Calendar for hotel」を使ってカスタマイズできます。
または、「新規カレンダーを追加」をクリックします。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

予約のタイプ サロンやカルチャー施設などの日をまたがずその日に終わるイベントの場合は「24時間以内に完了する予約」
ホテルなどの宿泊する場合は「宿泊施設」
カレンダーのステータス カレンダーを表示しない場合は「カレンダーを非公開にする」
サービス機能を有効化 顧客にサービスを選んでもらう必要がある場合は「有効」
サービス名 「サービス機能を有効化」で「有効」を選択した場合はここにサービス名を入力
予約スケジュールの公開日数 曜日ごとに予約スケジュールの設定を行なっている場合、スケジュールが公開される日数の範囲
今日から利用できない日数 当日予約を受け付けない場合は値を「1」、現在の日より3日先の予約を受け付けない場合は値を「3」とする

予約スケジュールの作成

予約スケジュールの作成する際、曜日ごとに予約スケジュールを設定するか、1日単位で予約スケジュールを設定するかを選択できます。

曜日単位でスケジュールを設定

「カレンダー設定」>スケジュールを設定したいカレンダー名をクリックします。
「スケジュール設定」タブ>「曜日ごとのスケジュールを編集」をクリックして、スケジュールを設定します。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

予約受付時間:10:00〜20:00
1回の開催時間:60分
予約締切:180分まで
定員:1名

上の画像のパネルを消して、個別に設定することもできます。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

1日単位でスケジュールを設定

「カレンダー設定」>スケジュールを設定したいカレンダー名をクリックします。
「スケジュール設定」タブのカレンダーよりスケジュールを追加したい日付をクリック。
先ほどと同様にスケジュールの設定を行います。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

入力フォームの設定

デフォルトでは名前の入力項目が “First name” “Last name” と英語表記になっているので日本語表記に変更すると分かりやすくなります。
ここはいじらなくてもフォームとして機能はします。

「カレンダー設定」>「入力フォーム」をクリックし、修正したい項目の「編集」をクリックします。
“First name” →「姓」、 “Last name”→「名」などとします。
また、サイト上に利用規約を用意していないなら項目は削除しておきましょう。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

メールの設定

「カレンダー設定」>「Email」をクリックし、送信するメールの文章を作成します。

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

クライアントに送信するメールの文章と、

WordPress に予約システムを構築するなら無料プラグイン「Booking Package – 予約システム」が設定楽々でオススメ!

自分(サイト管理者)宛に送信する文章を設定できます。

予約カレンダーを設置

諸々準備が整ったら投稿・固定ページにショートコードをコピペして予約フォームを表示します。
ショートコードは「カレンダー設定」で確認できます。