娘がデザインしたキャラクターが「いじめゼロ イメージキャラクター」に採用されました。

中学 3年生の娘が通う小中一貫校で「いじめゼロ イメージキャラクター」を作成することになり、全校生徒からキャラクターデザインを募集していたんだそうです。

美術部だった娘は 2パターン応募していたようで、結果、多数決によりそのうちの 1つがイメージキャラクターとして採用されることになりました。

娘がデザインしたキャラクターが「いじめゼロ イメージキャラクター」に採用されました。

原画とキーホルダー!

「森( =学校)の博識」と言われているフクロウなら、「いじめをゼロにする知恵」を持っているのではないかと思った。

というのが、フクロウをイメージキャラクターに採用した理由だそうです。
羽に巻かれた赤いリボンは「いじめゼロ」を表現しているということで、これはアウェアネス・リボンからのイメージでしょうか。
オッド・アイにした理由も尋ねてみましたが、特に理由はないということでした ×D

因みに、リボンを外したデザインは、学校のイメージキャラクターとして今後使用されていくようです。

娘がデザインしたキャラクターが「いじめゼロ イメージキャラクター」に採用されました。
最終選考に残ったイラストのラフ案

幼稚園入園以前から絵を描くのが好きだった娘。
中学校では美術部に所属し、2・3年生と部長を任されていました。
将来どんな仕事に就きたいかは「まだよくわからない」とのことですが、今回のことは、本人にとっても喜ばしく、励みになったに違いありません。
今後も失敗を恐れず、様々なことにチャレンジしてもらえたらいいなと思います。

娘がデザインしたキャラクターが「いじめゼロ イメージキャラクター」に採用されました。

それにしても、1,500人を超えるマンモス校で生徒全員に配布されたキーホルダー。
下の息子は早速ランドセルにつけて登校しましたが、来年度以降も毎年配布されることになるのだとしたら、嬉しいような恥ずかしいような…。